ネットで気になった情報「あとで見る」ならPocket

ネットを徘徊しているといろいろと気になる情報が見つかります。ブラウザにブックマークするほどでもないけど、あとでちょっと詳しく見たいなという時に便利なのが「あとで見る」機能。

その「あとで見る」の中でも個人的におすすめなのが「Pocket」。今回はそんな話です。

それでは、早速いってみましょう。

おすすめPocket

この「Pocket」は、クラウドで利用するブックマークみたいなもの。

基本的にメールアドレスとパスワードを登録して使いますが、Googleのアカウントでも使うことができます。新しくアカウントを作ることなくGoogleのアカウントが使えるのは楽ですね。

一度登録すればPCやスマホなどから同期された「あとで読む」を使うことが出来ます。

使い方は簡単です。ブラウザの拡張機能が使えますので私はChromeの拡張機能を入れて使っています。

気になる情報を見つけたらブラウザの「Pocket」のアイコンをクリック。すると「Pocket」に保存されます。

あとで見る時は「Pocket」のサイトにログイン。一覧から見たい情報を見るだけです。

公式サイトはこちら→Pocket

スマホの場合はアプリを使います。

気になるページがあったら連携から「Pocket」を選んでタップ。これでPocketに保存されます。

あとはPocketのアプリを開いて見るだけです。

アプリはこちら↓

Pocket

無料
(2017.06.19時点)
posted with ポチレバ

他の機能

他にこんな機能もあります。

・検索
「あとで見る」が増えてきたとき検索で探す事ができます。

・タグ
タグが使えます。あとでタグから検索可能。

・アーカイブ
見終わったけど残しておきたい場合はアーカイブしておく事が出来ます。

注意点

この「あとで見る」はURLを保存しておくだけです。ページそのものを保存しておくわけではありませんので、該当ページが無くなった時は表示されなくなります。

まとめ

以上、ネットで気になった情報「あとで見る」ならPocketでした。

Pocketはかなり便利だと思います。あとで見たら消してしまう情報を保存しておくのに良いですね。

さらに、ページそのものを保存しておきたい場合はEvernoteなどに保存しておく手もあります。

ではまた次回。