Scrapboxでアイデアを

最近Scrapboxというツールを使い始めました。まだ理解が追いついていない感じですが、少し使ってみてなかなかおもしろうそうと思いましたので、ちょっとご紹介。それでは早速いってみましょう。

スポンサーリンク

どんなツール?

各要素を1枚のカードとして扱い、それぞれのカードを並列に扱うことができる情報管理ツール・・・かな?

グループで使うことも出来ます。というかグループで使うこと前提のツールのような気がしますが・・・、でも一人で使っても全然OK。

プロジェクトという概念があります。全部の情報を1箇所に集めるのではなくプロジェクト毎に集める感じ。

「リンク」が使えます。「#」を使ったタグでリンクする方法と文中の語句を括弧でかこってリンクにする方法があります。この「リンク」こそがScrapboxの肝だと思います。詳細は後で説明します。

その他、詳しい使い方はほかに譲りまして次に私の使い方を紹介します。

アイデアを生み出すツールとして

このツールは本当にいろんな使い方ができるツールなんですが、ここではアイデアを生み出すためのツールとしての使い方を考えてみたいと思います。

実はまだ使い始めたばかりで試行錯誤中なんですが、とりあえずどんな風に使っているかといいますと

まずプロジェクトを作ります。名前はなんでも良いのですがとりあえず「testnotest」とでもしておきます。

次にその中に頭の中にある断片を放り込んでいきます。ちょっとしたメモや気になったことなど何でも。1枚のカードに1要素を書き込んでいく感じ。画像も扱えますので、写真を撮っておいて放り込んでおくのも良いと思います。

後で見返してアイデアを生んでいく。という流れです。

で、そのときの記述の仕方にちょっと注意点があるんですが、それは「必ずリンクを付ける」ということです。前の方で少し書きましたがこのScrapboxの肝はこの「リンク」にあるんです。

リンクがつながると1枚のカードを表示した時に「関連カード」として下の方にリンクがつながっているカードが表示されます。これが良いんです。すっかり忘れてしまっていた事や思いがけない繋がりを発見したり出来るんです。頭の中にあった欠片が繋がっていく感じ、とでも言いましょうか。こうやってアイデアは生まれていくんだなという感じ。

リンクのやり方

ここでちょっと具体的なリンクの方法について書いていきます。

まずカードをリンクさせるには2つの方法があって、ひとつは「#」を使ってタグを付けてリンクさせる方法、もう一つは括弧 [ ] を使ってリンクさせる方法。

今回の場合はタグを使ってのリンクはほとんど使用しません。私の場合はタグを使ってリンクさせると、どうしても分類整理したくなってしまうし結局カオスになってしまうでしょう。(まあカオスの中にこそアイデアはあるのかもしれませんが)

なので、括弧を使ったリンクを使います。使い方は簡単。メモした文中のリンクしたい単語を括弧 [ ] で囲むだけ。これでリンクが完成です。他のカードで同じ単語を括弧で囲ってリンクにすると同じ単語同士でリンクが繋がります。そうなんです、リンク先をどこか決めなくても「リンク」が設定できるんです。

ここも最初ちょっと戸惑ったところですが、「リンクはリンク先があってこそのリンクでしょ?」と思っていたのでリンク先がまだ存在しないのにリンクとして設定するなんて、どういうこと?と。

でもこの方法、使ってみるとすごく良いです。最初の頃、カードが少ない頃はリンクを設定してもほとんど他のカードとリンクされませんがカードが増えてくれば増えてくるほどリンクされたカードが増えてきて楽しくなってきます。

ここで注意しなければならないのは、何でもかんでも単語をリンクにしてしまうと関連するカードの表示が多くなりすぎてしまって混乱してしまうかも、という事です。私はまだそんなにカードが多くないので、今のところ大丈夫ですが今後が少し心配です。どのくらいのレベルでリンクにすれば良いのかはまだ分かりません。試行錯誤中です。

あと、括弧を使ってのリンクですが、手動で括弧を入力も出来ますがリンクしたい単語を選択するとポップアップメニューが表示されますので、その中から「[Link]」を選ぶと簡単にリンクにすることもできます。

まとめ

以上「Scrapboxでアイデアを」でした。

まだ私も使い始めたばかりなので分からない事も多いのですが、なんとか使いこなせたらと思ってがんばってます。本当にいろいろな使い方ができるみたいなので他の使い方も試してみたいですね。

ではまた次回。

あっそうだ!iPhone用のアプリもありますよ。

Porter for Scrapbox

無料
(2018.11.13時点)
posted with ポチレバ